歳月不待人


  •     
                          

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

もりおか老人大学

2016年9月30日 (金)

「オークフィールド八幡平」;八幡平版CCRCを目指す

Dsc_5524

「オークフィールド八幡平」の裏庭から岩手山を望む

 株式会社アーベイン・ケア・クリエイティブが運営する高齢者向け住宅。写真の左側が1人用(基本)の集合住宅、右の建物はレストラン。昨年の11月、都会から地方へ移住する退職した高齢者を受け入れる建物として建てられている。


 八幡平に移住した高齢者が生きがいを創り、役割を持ち最期まで健康で過ごせるよう連携していく。その対応のために株式会社組織にしている等、新鮮な事業計画話をお伺いいたしました。


 隣には東八幡平病院、老人ホーム、小学校などがある。建物の前は広大な牧草地、また岩手山と顔を見合わせている。大自然の移ろいを体感できている。それだけで健康で長生きはまちがいない、と思うのだが、高齢者の「生きがいの創出」がポイント、様々な試みが行われているようだ。


 もりおか老人大学の学生が130人も見学するので、2回に分けての説明と見学となった。建物の内部に際しては、実際に入居されている方のご好意をいただいて部屋の中まで、実際の暮らしている様子をも見させていただいた。新鮮な息吹に触れた思いでした。感謝、感謝でした。


* 日経 デジタルヘルス ; 八幡平版 CCRC の挑戦、「決して施設でない」


* SUUMO介護 ; 絶景の高原リゾート地で、生涯充実して暮らせる「日本版CCRC」を目指す


* CCRC ;  Continuing Care Retirement Community



 

天然冷蔵庫;小岩井牧場周遊 

Cimg1341

 バス3台で130人程が訪問した。牧場では、同牧場の専属ガイドさんが同乗して案内してくれた。写真、石碑の背後には校庭と校舎が当時のまま残されている。また、旧郵便局の建物もあり、牧場で働く人々の住宅地が敷地内にあり、往時の生活が偲ばれる。


続きを読む "天然冷蔵庫;小岩井牧場周遊 " »

盛岡の公園で見た「ユリノキ」その2

Cimg1339

左手前の大木がユリノキ、正面の建物は盛岡市役所 9.30 am.8:40頃

 県合同庁舎前の歩道には、そろそろ栃の実が落ちてくる季節。頭に当たったならとても痛いだろうと思うが、ヘルメットあるいは傘が必要という話もないようだ…。 その先の角に、ベンチを置いたプロット(信号待ちのための公園?)がある。狭隘な場所に大木のユリノキが1本、栃の木やらとともに日陰を作っている。


 ユリノキは俗称をハンテンボク(半纏木)といい、そのほか チューリップノキ、ローソクノキ、軍配の木、奴凧の木,、(馬の)鞍形の木、蓮華木などと呼ばれている。


 興味の赴くままに調べていると、どうやら「雨の木」「アメリカネムノキ」とユリノキとは関係はないことに気付いた。秋山ちえ子さんの本、「九十九歳の恋うた」のなかで、老夫人が秋山さんに尋ねていたのは、モンキーポッド、いわゆる日立のコマーシャルで流れてくる木、のようである。秋山さんに変わって調べて差し上げたことになる。



続きを読む "盛岡の公園で見た「ユリノキ」その2" »