歳月不待人


  •                       



Weblio辞書

旬の花時計


フォト

雪だるま

2018年2月15日 (木)

白狐(びゃっこ)が庭にやってきた!

H302cimg2629

 前日、2月14日は晴から大雪になった。強風が加わって荒れに荒れた。気象台の記録では、雪は 34cm 、一気に積もった! 

 今朝になると嵐は一旦落ちついている。キツネが庭にいる!? 雪と風が作り上げた白狐が我が家に微笑みを送っている。キツネは稲荷紳の使いと言われている。雪を纏ったがゆえに、神の使いは姿を現したのである。必ずや、我が家に幸運を運んできたに違いない。confident



snow wikipedia「白狐」 : .白い毛色を持つ狐。霊狐。古代中国・日本において瑞祥をもつ獣として人々に福をもたらすとされて来た。また、稲荷神の眷属として社寺での奉納品などの題材に用いられている。(びゃっこ)

snow 国語大辞典「白狐」 : 年を経て、毛色が白くなったという狐。神通力を持つといわれた。


camera 前記ログ soon  キツネをコンパクトデジカメに納める H26.7.1



2014年12月13日 (土)

雪だるま 

C

 近所のKさん宅の裏庭。お孫さんたちが作った snow がある。杉の小枝をうまく用いている。うっすらと雪化粧をして表情を変えたようである。

  杉林の奥は直に断崖になっていて、30m?下には北上川が流れている。断崖といえば厳しい表現だが、中ほどに材木を運んだらしい小道のこん跡がある。その薄暗い道らしき道は、獣みちになっているのだろう。最近では、カモシカではなく日本鹿が姿を見せるようになったそうである。



  後記 soon ニホンジカ