歳月不待人


  •     
                          

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

きのこ

2011年12月16日 (金)

「つちなめこ」でしょうね

Dsc_0148  再び現れた我が家の埋蔵菌です。玄関の側に敷いている砕石を押しのけて、かわいい姿を現しました。

 ぬめり、色ぐあいなどから「なめこ」ではないかと思っていましたが、どうやら「つちなめこ」のほうではないでしょうか。冬季に出現する貴重な、そしておいしい茸のようです。

 過去ログ → 埋蔵菌!?

2011年1月11日 (火)

埋蔵菌!?

Nameko2  「見てみなさい。“なめこ”みたいだから」と言われていましたが、な~に、庭に出てくる茸に、ろくなものはない。判断のつけようのない雑茸ばかりだから、その類だろうと思っているうちに、茸は雪に埋もれていました。

 雪を水で融かしてみると、ぬめりのある茸の塊が現れてきました。砕石を敷いた土の中から生えてますが、伐採したキングサリの根が這っている場所です。 

1  また、この場所には、ヤブランと黒龍を植えています。 買い求めた“なめこ”のパックに残っていたゴミ類も、肥料になるだろうと捨てたこともあるそうだから、“なめこ”に間違いありません。昨年は茸の当たり年でもありました。

 ぬめりのある茸に毒茸はないと覚えていますが、キングサリは有毒植物。これは観賞用としたほうがいいようですね。

2010年10月14日 (木)

兜明神嶽 2

2_3  また川井村に行きたくなった。松茸が安いらしい。それと前回に探しあぐねた 「きのこの館」 を訪ねたい、そして兜明神嶽に登ることも思い立った。

 兜神社の境内では、紅葉が盛んに華やいでいた。一方、参道には、時期はまだ早いのに、と思うほど落ち葉が積もっていた。神社は登山口の一つで、そこから緩い斜面を登る。頂上の岩場までは、1時間ほどで到着した。

2_6  頂上の岩場は、林の中に突然に現れた。ちょっと待て、茸がある! ムラサキシメジを500g、ムキタケを150gほどを収穫した。ところで、茸は菌類である。兜明神嶽に眠る埋蔵とは茸ののことではないだろうか。謎がとけたようです。オヤジギャグになるのだけど・・・

 さて、岩場である。登って行くほどに、高所恐怖症の持病が出てきた。症状はかなりの重症。さらに足場を探しながら上り降りすることを思っただけで、恐ろしさが増した。あと数メートルのところで登頂を断念し、昼食をとることにした。

2_7  絶景とは、岩場からの眺めをこそ言うのだろう。実に気持ちがいい。岩手山、姫神山は雲の中だったけれど、早池峰山側の展望が開け、また須川岳(栗駒山)までもが望めていたようだ。ハイキング気分から、いきなり槍ヶ岳の岩場に立つような感じである。面白い山である。

 山を降りると、2時を過ぎていた。茸を買い求めるには遅いかなと思ったが、川内の道の駅「やまびこ産直館」に向かった。今年の松茸は人気のようだ。全部売れてしまったの?と店員さんに尋ねると、今日は傘の開い たものばかりだったので完売した、と答えた。松茸は、傘が開いたものであっても味はかわらない。むしろより香ばしいのだが値段は安い。オオシメジ、ホンシメジ、コウタケなどが並んでいたが、数は少ない。

 次に、「きのこの館」を訪問した。茸の研究、そして工場では舞茸の菌床栽培を行っている。本館には標本、資料の展示室などを設けてあった。従業員の皆さんにムラサキシメジの鑑定と茸談議にも付き合っていただきました。ありがとうございました。           「兜明神嶽」

2010年10月11日 (月)

兜明神嶽

Cimg7461_2  兜明神嶽(かぶとみょうじんだけ)  ; 標高 1,005m。 盛岡から宮古街道(国道106号線)を進み、区界(くざかい)トンネルをぬけると、すぐに左手に現れる。安倍貞任(前九年の役)の埋蔵金が隠されている、金を採掘していた鉱山跡があるらしいなどの言い伝えがある。

 山頂付近では、紅葉が始まっている。頂上に巨大な岩を抱いている姿は、なかなかに魅力的。街道からよく見えるから、ここを通る度に登ってみたいと思うのである。                                     

Cimg7462  区界トンネルをぬけたところに道の駅がある。車を停めるとすぐにソフトクリームを注文した。このところ、大の男がソフトクリームをほおばるなんて、という恥ずかしい感覚はなくなっている。たぶん、この夏の異常な酷暑のせいなのだろう。

 紫蘇と林檎という妙な組み合わせのシソリンゴソフトクリームを選択した。さっぱりとしたというか、深遠なる味とでも言おうか、美味であった。

Photo_2   秋の味覚、茸を求めて川内の 道の駅「やまびこ産直館」 まで足を伸ばした。さすがに茸の産地、川井村である。コウタケ、ボリメキ、アズキモダシ、コガネタケ、ホンシメジ、ナメコ、シイタケ、そして松茸が大量に売られていた。ホンシメジは目の前で完売した。

 上の松茸は、長いので23cm、茎の直径が5cm!ある。こんな大きなものは、すぐに中央の方に送られてしまい、店頭に出るのは珍しいと店員さんが語っていた。松茸も豊作の余裕なのだろう。ちなみに値段は、5本で31,500円と表示してあった。そうすると、おおよそ1本あたり・・・。

 え~と、価格と言うものは需要と供給で決まり、最終的には、1つの価格に落ち着いていくものである。したがって、松茸は豊作であるからして、我が家の食卓に上ることが・・・ ありえないか。  

                                  soon  「兜明神嶽 2」

2010年9月21日 (火)

北上高地の茸

 明日22日は中秋の名月。旧暦の8月15日の月。十五夜。お月見の日ですが、残念ながら雨模様のようです。昔の人は、雨ならば、前日を待宵(まつよい)、十五夜の後を十六夜(いざよい)、立待月、居待月、臥待月、更待月と呼び、何とかしてお月見を楽しもうとしていたようです。今日は待宵。月は雲間に顔を見せています。「 9月のこよみ」には、風流なことも解説しています。

 秋の気配がしてくると、茸談議に花が咲きます。茸狩りは楽しいものです。私も藪漕ぎをした時期があります。茸を納めた写真を一応整理してみました。ご笑覧いただきたく。