歳月不待人


  • <a href="http://www.clock4blog.eu">clock for blog</a>
    Free clock for your blog

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

シルバーメイト事業

2012年1月22日 (日)

ちゃんこ鍋交流会

Cimg8373  町内のA夫人(90歳)と同伴で、ちゃんこ鍋交流会に出かけました。会場は老人施設に設けられている 暖炉の家(ハイツ@だより) 。全体で60人弱の参加者となったらしい。対象者は配食サービスを受けている高齢者で、私はA夫人のシルバーメイトとして招待されました。

 味噌味の鍋は各テーブルで、塩味の方は中央に大きな鍋を置いて作り配られました。本物のちゃんこ鍋料理が振舞われたのです。美味しく堪能させていただきました。いなりずし、おしんこ、お茶、ビールなども並べられていました。日本酒もあるよ~の声も。

 主催者側の 「ちゃんこ太五郎」 の店主は元力士。今場所の話題を巧みな話術で解説していました。把瑠都が優勝するとは予想していなかったようでしたね。交流会は、職員の方々のきめ細かい気配りがあって、盛り上がっていました。   <写真は花巻人形「力士」>

2011年12月28日 (水)

ミネラルってなに?

Dsc_0721  独居老人N夫人を訪ねました。 ミネラルってなに?という質問を受けていました。一般常識のない私は、ん~・・・カルシュウム?・・・  ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~ の私でしたが、良い資料見つけて手渡すことが出来ました。

 彼女は、下半身が衰えたと診断されて、週1回の3ヶ月コースで機能回復の指導を受けていました。栄養の講義もあったらしい。

 彼女の宿題に応えて、PSに資料を求めました。タケダ健康サイトのビタミン・ミネラルチェックのサイトに出会い、絵入りでわかりやすい「主なビタミン・ミネラル一覧表」をダウンロードさせていただきました。

 また、新聞を整理していたところ、12/24付け日経に「ミネラルのバランス大切」という記事があった。この記事は、実にタイミングがよろしい。

 栄養バランスの良い食事を心がけることなんだけど・・・ 3大栄養素( 炭水化物、タンパク質、脂肪 )のバランスに加えて、ミネラルのバランスも健康管理に重要な役割を果たすとある。カルシュウムとリンの関係は興味深い。要するに、

 野菜、豆類、果物、魚介類、海藻類を積極的に取ること。
 加工食品、レトルト食品、インスタント食品に頼った食生活を改めること。

 そして、健康の秘訣は、1日3食をきちんと食べること。ミネラルバランスの視点を加えることが体調の改善につながるということを教えています。

ski

* 主なミネラル ; カルシウム(Ca)、リン(P)、硫黄(S)、カリウム(K)、ナトリウム(Na)、塩素(Cl)、マグネシウム(Mg)、鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、マンガン(Mn)、ヨウ素(I)、セレン(Se)、モリブデン(Mo)、コバルト(Co)、クロム(Cr)

* ミネラル( Mineral )  ; 無機質、もともとは鉱物。 人の身体にある物質の元素全体に占める割合は 4%

snow 写真 → 万年青(おもと)「関白」・・・冬も青々と元気です。

2011年12月23日 (金)

吹雪いていた

Cimg8239  児童たちは冬休みに入った。おかげで ゆっくりとした朝を迎えることができる、と思いきや、外は吹雪いて雪が積もっていた。クリスマス寒波だとメディアが報じた。今日はゴミの収集日。ゴミステーションの除雪と設営、そして近所の雪かき作業を行った。

 K夫人がSさんを気遣って除雪の手伝いにやって来た。彼女はSさん宅の駐車場を利用している。 高齢で1人住まいのSさんは、このところ自立した生活が困難なほどの状態の身体になっている。K夫人に私から、介護センター、老人支援室と連携して将来のことなども考えてSさんを見守っていることを伝えた。K婦人は、安堵の表情を浮かべて帰っていった。

 昼食後、TVを見ながらうつらうつら。気が付くと画面は慈善サッカーを映していた。小笠原満男氏はいい仕事をしていた。しかし両チームから緊張感が伝わって来ない。途中で観戦をやめた。

 1人住まいで高齢者のMさん宅を訪ねた。用件を済ませて雑談に入った。隣家からの落雪が車止めに溜まることついて困っている様子であった。本人から苦情を伝えたが解決できないでいた。穏便に解決するには注視を要し、衆知を集めてみることも・・・ 。 

 夕刻、日本酒の棚を横目に通り過ぎ、缶ビールとベアレンビールを買い求めた。ほかに江刺リンゴ、バナナ、チョコレート菓子を購入。ベアレンビールの新製品がうまい。わが家の掟;酒類は自分で購入しなければならない。

 

2011年11月19日 (土)

シルバーメイト事業;交歓会

Cimg

 緑が丘地区シルバーメイト事業の交歓会が、親和会、二十日会合同行事として開催されました。このところ寒い日が続いて、その上、当日は小雨。自らの体調を気遣って、欠席の連絡が多かったように思います。私の町内から14名が出席。緑が丘地区全体では116名の参加となった模様です。

 季節の歌、懐かしい歌の合唱と輪唱、指体操、講話とチェロの生演奏など盛り沢山でした。70歳以上の1人住まいの方々にとって、また世話をする我々にとっても、日々の息抜き、交流の機会を楽しんだように思いました。 

notes think notes

   講話;「老人の傷害と応急措置について」
       骨粗しょう症って・・・?
       骨折する前に気づいてほしい
       ロコモティブシンドローム(ロコモ)*運動器症候群とは*

   チェロの生演奏鑑賞;曲目は、沈んでいくタイタニック号の船上で音楽隊が命が尽きるまで演奏し続けた曲「主よ御許に近づかん」、「宮沢賢治の世界」、バッハ「伴奏チェロ組曲第1番~プレリュードとサラバンド~」、パブロカザルス「鳥のうた」など。

   講話とチェロの演奏は、そのどちらも Σ(゚□゚(゚□゚*)  緑が丘整形外科医院の院長先生が行いました。お話も演奏も一流でしたね。たっぷりと心地よく癒されていました。

2011年7月 1日 (金)

シルバーメイト; 親和会歓談会

Cimg8112

高齢者の健康教室
 

 緑が丘地区の親和会が開催されました。70歳以上で1人住まいの方たちが親睦を深める会です。参加者77名。わが町内からは16名(出席率22%)が参加しました。

 午前中は、地域コーディネーターの若い指導者による健康教室。“最近の話題について語れますか?”・・・ 90歳代前後と思われるご婦人が、最後列から適確に応答している姿に感心しました。

Cimg8118_4  午後の部は、太田代政男さんの歌とお話“さわやかミニ・ライブ” 。 オープニングのオペラ「セルセ」からオンブラ・マイ・フ(木陰よ)を歌い始めると、多くの人は背筋を伸ばして聞き入っていました。朗々と歌う歌声とともに、会場はザルツブルグの音楽祭からイタリヤのナポリへ。そして飛び入りの女性がオーシャンゼリゼの歌を踊る・・・

 みなさんは、十分以上にリフレッシュし、連れ立ってワイワイ帰られていましたね。

Ombra mai fù
di vegetabile,
cara ed amabile,
soave più

こんな木陰は
 今まで決してなかった
緑の木陰親しく、
そして愛らしい、
よりやさしい木陰は

      <ウィキペディアより>

2011年1月 6日 (木)

夫婦老い

12213_2

 小寒;6日。冬至後15日。寒さが日増しに加わり、降雪が見られるころ。俗に「寒の入り」。

Photo  七草;7日。この日の朝、春の7種類の草を炊き込んだ粥を食べ、食物にこもる生命力を吸収し、無病息災を願った。

 7種;セリ、ナズナ、ゴギョウ(母子草)、ハコベラ(はこべ)、ホトケノザ(こおにたびらこ)、スズナ(かぶ)、スズシロ(大根)

“ 夫婦老い どちらが先か なづな粥    草間時彦 ”

                         <平成23年1月のこよみ>より

snow

  “夫婦老い どちらが先か” どちらが先でも、老いは夫婦に平等に迫ってきます。老いて病に、そして介護の必要な生活はやってくるのです。

 先月、私は勧められてシルバーメイト会員になりました。高齢化が進んだ社会では、お互い同士が見守っていく社会にしていかなければならない、ということなのでしょう。見守りを必要とする一人暮らしの高齢者などを対象に、隣人としての支援を行う役割を担います。

 当面、私は受け持ちがないのですが、同じように待機している会員も多く、思った以上に心強い制度、シルバーメイト事業が出来あがっているなあ、と感心しています。

 地区通信のメイト訪問日誌を読んでみると、高齢者のわがままは良いほうで、危ういことに遭遇していた記事がいくつか載っています。まあ、それでも 8日間もトイレに閉じこめられたというような事件などは回避できるでしょう。 

(写真は1/3の小岩井牧場風景、蔵王町産の「春の七草」

snow

                    「春の七草」の詩

                    せりなずな

                    ごぎょうはこべら

                    ほとけのざ

                    すずなすずしろ

                    これぞ七草