歳月不待人


  •                       



Weblio辞書

旬の花時計


フォト

イーハトーブ

2017年12月14日 (木)

『寺島貞志 戦後の歩み 展』 に行ってきました。

H2912_2


 寺島家は、5年前の「青春のレアリズム展」に続いて、今回の「戦後の歩み」展をみごとに開催させました。ご子女、ご子息さんにとっては、現在は“以って瞑すべし”と、ご両親に手を合わせておられる心境にあるのではないでしょうか。開催の案内を頂戴し、さっそく出かけて参りました。ありがとうございました。
 日の光は瞬時に移動して行きます。それを的確な色彩でとらえて、キャンバスに描き込んでいる様は見事です。速い 1日の時の流れを止めて、温かく懐かしい花巻の風景を楽しませてくれました。リンゴ園、農婦、旧松尾鉱山の煙など…感動でした。



続きを読む "『寺島貞志 戦後の歩み 展』 に行ってきました。" »

2017年3月29日 (水)

金ケ埼町を訪ねる

Dsc_5968b_2

金ケ崎町役場庁舎の塔

 金ヶ崎町が新年度日帰りバス旅行の候補地にあがった。調査、下見のため金ヶ崎駅舎内の商工会に観光協会を訪ねた。鳥海(とのみの)柵(さく)跡、大林城、要害歴史館、食べ歩きマップ等々のパンフレットやらをたくさん頂戴した。食事どころについては、数軒が侍屋敷だったり昭和初期の建物で営業しており、落ちついて食べられるという。会食では参加者は懇談を楽しみながら懇親を深めている。目的地がどこであれ、食事どころがよければすべて満足ということになるように思う。


 庁舎の塔は町のどこからも見えている。建物は洋風であるが、塔の最上部は天守閣を想起させるつくりになっている。要害(城)のあった歴史ある町をシンボルとしたように思われるが、どうだろうか。まずは俗語で評するならばクールである。展望台に上り、胆沢平野を俯瞰できる。天気が良ければ、奥羽山脈、北上高地をしっかりと望めただろう。

 

続きを読む "金ケ埼町を訪ねる" »

2016年9月30日 (金)

「オークフィールド八幡平」;八幡平版CCRCを目指す

Dsc_5524

「オークフィールド八幡平」の裏庭から岩手山を望む

 株式会社アーベイン・ケア・クリエイティブが運営する高齢者向け住宅。写真の左側が1人用(基本)の集合住宅、右の建物はレストラン。昨年の11月、都会から地方へ移住する退職した高齢者を受け入れる建物として建てられている。


 八幡平に移住した高齢者が生きがいを創り、役割を持ち最期まで健康で過ごせるよう連携していく。その対応のために株式会社組織にしている等、新鮮な事業計画話をお伺いいたしました。


 隣には東八幡平病院、老人ホーム、小学校などがある。建物の前は広大な牧草地、また岩手山と顔を見合わせている。大自然の移ろいを体感できている。それだけで健康で長生きはまちがいない、と思うのだが、高齢者の「生きがいの創出」がポイント、様々な試みが行われているようだ。


 もりおか老人大学の学生が130人も見学するので、2回に分けての説明と見学となった。建物の内部に際しては、実際に入居されている方のご好意をいただいて部屋の中まで、実際の暮らしている様子をも見させていただいた。新鮮な息吹に触れた思いでした。感謝、感謝でした。


* 日経 デジタルヘルス ; 八幡平版 CCRC の挑戦、「決して施設でない」


* SUUMO介護 ; 絶景の高原リゾート地で、生涯充実して暮らせる「日本版CCRC」を目指す


* CCRC ;  Continuing Care Retirement Community



 

天然冷蔵庫;小岩井牧場周遊 

Cimg1341

 バス3台で130人程が訪問した。牧場では、同牧場の専属ガイドさんが同乗して案内してくれた。写真、石碑の背後には校庭と校舎が当時のまま残されている。また、旧郵便局の建物もあり、牧場で働く人々の住宅地が敷地内にあり、往時の生活が偲ばれる。


続きを読む "天然冷蔵庫;小岩井牧場周遊 " »

盛岡の公園で見た「ユリノキ」その2

Cimg1339

左手前の大木がユリノキ、正面の建物は盛岡市役所 9.30 am.8:40頃

 県合同庁舎前の歩道には、そろそろ栃の実が落ちてくる季節。頭に当たったならとても痛いだろうと思うが、ヘルメットあるいは傘が必要という話もないようだ…。 その先の角に、ベンチを置いたプロット(信号待ちのための公園?)がある。狭隘な場所に大木のユリノキが1本、栃の木やらとともに日陰を作っている。


 ユリノキは俗称をハンテンボク(半纏木)といい、そのほか チューリップノキ、ローソクノキ、軍配の木、奴凧の木,、(馬の)鞍形の木、蓮華木などと呼ばれている。


 興味の赴くままに調べていると、どうやら「雨の木」「アメリカネムノキ」とユリノキとは関係はないことに気付いた。秋山ちえ子さんの本、「九十九歳の恋うた」のなかで、老夫人が秋山さんに尋ねていたのは、モンキーポッド、いわゆる日立のコマーシャルで流れてくる木、のようである。秋山さんに変わって調べて差し上げたことになる。



続きを読む "盛岡の公園で見た「ユリノキ」その2" »

2015年9月 1日 (火)

[鳥影]浪板海岸

Cimg9547_b

 

Cimg9550_a

ウミネコ 
 

  みなさん カモメだ、とおっしゃいます。でも精悍な表情はウミネコなのです。嘴の先が黒と朱色、尾羽が黒いとか、その他にも見分けるポイントがあるようです。
 八戸の蕪島はウミネコのサンクチュアリーというのかな、育児中のところを3度ほどお邪魔している。睨まれていると感じたが、そんな怖い顔が実は普段の顔のようです。

  

続きを読む "[鳥影]浪板海岸" »

2015年7月13日 (月)

八幡平温泉郷から松川温泉へ

Cimg9477

  振り返ってみると贅沢なひと時であった。爽やかな風渡る高原の樹下で弁当を広げるなんて! 街は猛暑だったそうです。

 

続きを読む "八幡平温泉郷から松川温泉へ" »

2015年6月12日 (金)

「チャグチャグ馬っこ」のお披露目行列

Dsc_2329

 「チャグチャグ馬っこ」の日を明日に控えて、蒼前神社でお披露目の行列が行われました。

 

 

続きを読む "「チャグチャグ馬っこ」のお披露目行列" »

2015年2月 7日 (土)

小岩井農場「いわて雪まつり<1/31~2/8>」

Dsc_1515

         いくつかの家族が石像、雪だるまづくり励んでいる。

Dsc_1457slc

    こちらは子供たち、若い人達に人気の雪像です。

Dsc_1464

         また、記念写真の場所になっている。

Dsc_14482

Dsc_1435

Dsc_1468

    氷の作品もあった。龍とポケモン?

Dsc_1501

         馬ぞりに乗るために長蛇の列ができていた。

Dsc_1488

        雪上車に引かれたスノーボートは、雪の上を振り回される。
           雪上ならではのスリルを味わっているようだ。
          こちらも長い列に並んで、乗る順番を待たねばならない。

Dsc_1437

        草原のゲル。

          モンゴルの若いイケメンの男性たちが説明してくれる。
    彼らは優しく子供たちに人気だ。

          モンゴル相撲の冠(帽子)や民族衣装などを展示している。
        馬頭琴の弦は2本だが、それぞれ数本の馬の毛をまとめて
        1本に仕上げられている。

Dsc_1477
         昼のイベントの一つ。雪の上の戦いは難しいらしい。

Dsc_1444
       銀河を旅する夢のロケットということですか。

Dsc_1509b

    「まきばの天文館」

Dsc_1511

    天文館側にも広大な駐車場がある。

2015年1月 6日 (火)

「臨安霊場 願土神社」参拝 平成27年1月5日

相の沢牧場から望む岩手山

3_2

「臨安霊場 願土神社」(クリックsoon地図へ)

4

3

「瑜伽平 願土神社」と読める downwardright

Photo

「瑜伽(ゆが)」:(梵 yogaの音訳、相応と訳す) 仏語。 ・・・いわゆるヨガと本質的には同じもの。

 

「願土(がんど)」:仏語。阿弥陀仏の本願によって成就した国土。極楽浄土。<国語大辞典より>

2

1_3

「神使(しんし)」 : 狐ですから、農業の神様を祀っています。

2_2

2_3

 

 参拝を済ませて鳥居をくぐると、岩手山の山頂から放射状に雲が流れていた。雲の流れはとても速い。かろうじてその一端を捉えることが出来た。まさに「願土」を想わせる瞬間だった。

より以前の記事一覧