歳月不待人


  •                       



Weblio辞書

旬の花時計


フォト

« 2017年6月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の2件の記事

2017年12月14日 (木)

『寺島貞志 戦後の歩み 展』 に行ってきました。

H2912_2


 寺島家は、5年前の「青春のレアリズム展」に続いて、今回の「戦後の歩み」展をみごとに開催させました。ご子女、ご子息さんにとっては、現在は“以って瞑すべし”と、ご両親に手を合わせておられる心境にあるのではないでしょうか。開催の案内を頂戴し、さっそく出かけて参りました。ありがとうございました。
 日の光は瞬時に移動して行きます。それを的確な色彩でとらえて、キャンバスに描き込んでいる様は見事です。速い 1日の時の流れを止めて、温かく懐かしい花巻の風景を楽しませてくれました。リンゴ園、農婦、旧松尾鉱山の煙など…感動でした。



続きを読む "『寺島貞志 戦後の歩み 展』 に行ってきました。" »

2017年12月 3日 (日)

寒月と左肩の痛み

H29122_2

  県営野球場の東空に大きな月が出ていた。満月になっていくところか、欠けていくところだろうか。ほぼ満月。この時期、いわゆる寒月というのだろう。寒空の下を歩いたためだ.。左肩の痛みが増してきたように思う。目的の商店、東山堂書店はもう数十歩のところまで来ていた。

  デジカメを取り出して月を撮影した。住宅の柵に寄り掛かって3枚撮影した。ナイター照明などの建造物との関係(目の錯誤)で月は大きく見えるという。満月は何時なのか。地球の周りをまわる月の軌道は楕円ではなかったのだろうか。再び歩き始めると、肩の痛みは少し和らいでいた。

 

参考 soon 今年最大の満月(2017年12月4日)
fullmoon soon" 2018年1月2日には、12月4日よりも月がさらに地球に近い距離で満月となります。このときの地心距離は35万7千キロメートル、視直径は33分30秒角です。"国立天文台

   



« 2017年6月 | トップページ | 2018年1月 »