歳月不待人


  •     
                          

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

« 「オークフィールド八幡平」;八幡平版CCRCを目指す | トップページ | 新年のごあいさつ < 庭の小鳥たち> »

2016年12月13日 (火)

ユリノキの実

1

ユリノキの実

 写真は、北上川に架かる三馬橋の欄干から写したユリノキの実です。まるで工芸品の花のようですね。真ん中の蝋燭のようなものは雌蕊だったのかな?結実していく様子が気になるところです。面白い形を魅せてくれています。参考本によると花弁のように見えるところに種が入っていて、花が散るときのようにひらひらと舞い落ちていくらしい。

 この木は柳の木とともに、橋脚の側に生えていて欄干を超えるまでに成長しています。岩手では6月ごろに径6cmほどのチュウリップ似の花を咲かせるそうです。花は高い木の上で咲くので、見ることは容易でないそうですが、ここでは欄干から手が届くところにありますので、まじかに鑑賞できます。来年の開花が楽しみです。 


参考;「岩手の樹木百科」  菅原亀悦 編著

「樹木図鑑」 ネイチャー・プロ編集室




 後記;平成29.2.24

 強風の日があったから、種は落ちて散ってしまったのだろう、と欄干から覗いた。映像をアップしてみると、真ん中の芯、いわゆる蝋燭の炎に相当する部分が欠けていた。まだ種を抱いた花弁もどきの形はそのままの形をとどめていた。

Cimg1961_3

Cimg1965

« 「オークフィールド八幡平」;八幡平版CCRCを目指す | トップページ | 新年のごあいさつ < 庭の小鳥たち> »

花木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411995/69631333

この記事へのトラックバック一覧です: ユリノキの実:

« 「オークフィールド八幡平」;八幡平版CCRCを目指す | トップページ | 新年のごあいさつ < 庭の小鳥たち> »