歳月不待人


  •     
                          

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

« 新年のごあいさつ | トップページ | 「開運橋」、親柱が傾いていたらしい »

2016年1月 4日 (月)

門松は冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし

Cimg9880

「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」 一休

 どうだろう、この風景は! 一休さんの句 そのままの風景である。門松は緑が丘の百貨店アネックスカワトクの正面玄関に設置されている。

 「上田一里塚」(写真、岩手県指定遺跡)は、紺屋町の「鍛冶町一里塚跡(元標)」から奥州街道を北に向うと、最初に出会う一里塚である。この塚は、以前「ドミニカン修道院」の敷地内にあったことから、長い間守られてきたと言われている。道路向かいのもう一基は、残念ながら開発によって取り払われてしまっている。


« 新年のごあいさつ | トップページ | 「開運橋」、親柱が傾いていたらしい »

盛岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411995/63304221

この記事へのトラックバック一覧です: 門松は冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし:

« 新年のごあいさつ | トップページ | 「開運橋」、親柱が傾いていたらしい »