歳月不待人


  •     
                          

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

« ペットボトルで作った議事堂 | トップページ | 新年のごあいさつ »

2015年12月22日 (火)

鍛冶町一里塚跡

Cimg0017c


鍛冶町一里塚跡<盛岡城下「一里塚元標」跡>

 「もりおか歴史文化館」に立ち寄った。先日、小野松一里塚を訪ねた際、案内板に「・・・盛岡城下の鍛冶町にある一里塚元標を中心にして、領内諸街道にそれぞれ一里塚を築造しており、奥州道中筋の一里塚は鍛冶町の元標を基点として、北方へ上田一里塚、小野松一里塚そして笹平一里塚へと続いている。・・・」とあった。
 さて、鍛冶町ってどこなのだろう。なぜ元標がお城でなく、鍛冶町なのだろうか。という疑問が残った。同館のボランティアガイドさんから教えを乞うた。元標は紺屋町のアパート前庭にあり、ツツジらしき植木に包まれてあった。

 

 

Cimg00153

 ガイドさんに小野松一里塚と小野松観音神社を訪ねたことを話すと、山の方の観音様にも行かれましたか、と問われた。健脚であれば小野松観音神社から20分ほどで行くことができるそうである。そこはとても眺望の良いだという。地図で調べてみたところ、小野松橋に向かう道でなく、小野松観音の入り口に入って直に北に向かう旧街道がある。その先の清水のあるところらしい…「おの松かんのん清水」。ぜひ近いうちに尋ねてみたいものである。



Cimg00163

 鍛冶町は現在の紺屋町に含まれていた。なぜ元標がお城ではなく、鍛冶町なのだろうか、については分からなかった。
 鍛冶町の元標(一里塚跡)はアパートの前にある。苔むした石標ではなく、あたらしいものが設置されている。と教えられてたどり着いた。この場所に立つまで頭の中では古~いアパートを描いていた。




Cimg0019

 要するに「…江戸日本橋を起点とした奥州街道の第139番目の一里塚・・・」とあるから、盛岡城が起点ではないので、この場所になっているのだろう。


Cimg00202
鍛冶町一里塚跡は 菊の司酒造 の近く(写真右の方向)にあります




*  参考   国道4号(全長距離:739.0km)
     起点:東京都中央区日本橋~
     終点:青森市長島2丁目青い森公園前
      江戸時代の日光街道・奥州街道(江戸~白河)と
     その延長にある仙台道(白河~仙台)・松前道(仙台~函館)
    (日光街道を除く3街道は明治6年(1873)に陸羽街道に改称)を
     継承するもの。 … 「もりけん本」盛岡商工会議所

« ペットボトルで作った議事堂 | トップページ | 新年のごあいさつ »

盛岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411995/63198617

この記事へのトラックバック一覧です: 鍛冶町一里塚跡:

« ペットボトルで作った議事堂 | トップページ | 新年のごあいさつ »