歳月不待人


  •     
                          

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

« 開運橋の運も封印された? | トップページ | 「西馬音内(にしもない)盆踊り」 初日 »

2015年7月13日 (月)

八幡平温泉郷から松川温泉へ

Cimg9477

  振り返ってみると贅沢なひと時であった。爽やかな風渡る高原の樹下で弁当を広げるなんて! 街は猛暑だったそうです。

 

 歩こう会行程 ; 出発(自動車)→県民の森→記念の森→樹木園→(八幡平ロイヤルホテル)→白樺並木→森の大橋→松川玄武公園→松川渓谷歩道→(自動車)→松川温泉「松楓荘」入湯→(自動車)→松ちゃん市場→帰着

 歩数計 : 1万2千歩     参加者 ; 11名

Dsc_2594

ブタナ

 「蒲公英」、しかも日本古来のものだと語る人あり、また、蒲公英と違うという人あり。参考本(*)に「ブタナ」とある。ヨーロッパ原産の多年草で帰化植物。外来種なのです。   *参考本;「山野草」菱山忠三郎

Dsc_2616
  昼近くになると、岩手山は温められた空気に乱反射して存在感を失っていく。その姿は、盛岡側から眺める形を大胆に変えている。こちら側から観る岩手山の姿が正面である、と地元では言うそうだが、 裏岩手 という言葉に違和感を感じるからなのだろう。

Dsc_2617
   昭和天皇陛下をお迎えして、昭和49年に植樹祭を開催した広場です。平成天皇陛下の歌碑(59年の育樹祭の際)があります。その隣の建物は東屋。

 この平坦な土地は昔からあったと一般に思われていますが、樹木を移し、山を削り小さな谷を埋め、ブルドーザーなどで整地、造成し、多くの人々が植樹して、広大な公園に作り上げたそうです。

Dsc_26551

  あ! 崩落している。

Dsc_26332_2

  「松川棒状節理」は、溶岩が冷えて棒状に固まってできた自然の成せる造形。松川の水温はとても冷たい。そのまま農業用水として引き込むことが出来ないので、温水路を作って水温上昇の工夫をしている。その温水路の映像が朝ドラ「あまちゃん」の冒頭に流されていた、と聞いたことがあるけど・・・

Dsc_2650

砂防ダム、森の大橋から松川温泉へ向かう途中にある。小さな休憩所の一つ。

Dsc_2656

 山菜「ボウナ」。シドケに負けぬ味であるから、重宝な植物である。最近は産直でよく見かける。おひたしや和え物、汁の具や天ぷらなど様々に用いる。松川渓谷歩道にて。

  松川温泉「松楓荘」の内湯で湯あみを楽しみました。白濁の湯です。ぬるめの湯と普通の湯がある。良かったですね~。いつまでも入っていたい想いでした。サービスの温泉卵が美味しい。

 露天風呂は土石流災害に遭い閉鎖中、洞窟風呂に渡るつり橋も流出、自然災害の猛威を目の当たりにしました。

« 開運橋の運も封印された? | トップページ | 「西馬音内(にしもない)盆踊り」 初日 »

イーハトーブ」カテゴリの記事

山野草」カテゴリの記事

歩こう会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411995/60735686

この記事へのトラックバック一覧です: 八幡平温泉郷から松川温泉へ:

« 開運橋の運も封印された? | トップページ | 「西馬音内(にしもない)盆踊り」 初日 »