歳月不待人


  • <a href="http://www.clock4blog.eu">clock for blog</a>
    Free clock for your blog

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

« 四月:最高気温の日ごとの値<盛岡> | トップページ | 団子よりソフトクリーム 4月の気温 »

2014年4月30日 (水)

あるこう会 初日は花見から

H26430a

雨にぬれたる風情かな、といえば、
頭に“海棠(かいどう)の”を載せるのだが・・・

H26430b

図書館側は、ほとんど葉桜に近い。
一方、池の奥は今が盛んである。桜花爛漫といったところか。
“The cherry-blossoms are in all their glory.”

H26430

あるこう会の初日。
雨模様だったことも加わって、参加者は半数の4名だけである。
雨の日には、また違った趣を味あわせてくれる桜花なのに・・・。

Photo

「山吹の花」

むかし、雨に降られて困り、蓑を借りようとした人がおりましたね。
「七重八重 花は咲けども 山吹の みのひとつだに なきぞあやしき」
兼明親王 (かねあきらしんのう)
の話なんだけど。

実がならないのは、八重咲き山吹。
そこんところを正しく理解していないから、山吹は花が咲くけれど
実は成らないんだ、とず~と思い込んでしまう。
そして山吹の実と出くわす度に、
おかしいなあ、と思うのである。

 

「ウィキペディア」によると、
“普通は
八重咲き山吹には実がつかないことを述べた歌とされるが、
「七重八重」を山吹が積み重なる様に咲く様子を述べたと解し、
ヤマブキの果実が堅くて食えないので、
山ほど花が咲くのに、食える実がつかないのは情けない」
とする解釈もあるらしい。”
とある。

H26430_2

 池の両側の小山に守られて、高松の池では2度の花見を楽しめる、ということなのだろう。この通りしっとりと華やいでいるではないか。

H26430fe

 池之端で、しだれ桜も花に華を添えている。
 
Photo_2

おや、日本サッカー協会のシンボル
ヤタガラス(八咫烏)?

2

キジでした。近くに雌もいたようだが、真相はやぶの中。

H26430_3

山桜かな ?

吹く風を勿来の関と思えども
 道もせに散る山桜かな

源 義家


さざ波や 志賀の都は 荒れにしを
昔ながらの 山桜かな

千載和歌集・読み人知らず
 

Photo_3

山路来て何やらゆかしすみれ草      松尾芭蕉

Photo_4

「盛岡ハリスト教会」
ロシヤ正教の教会ですね。
 

 

参考 : 2014年 盛岡地方気象台
      さくら(ソメイヨシノ)の観測
            本年         平年       昨年
                         (平年差)  (昨年差)
開花     4月13日    4月21日    4月23日
                         (8日早い) (10日早い)
満開      月日       4月25日    5月2日
さくらの花が5~6輪開いた状態を「開花」、
約80%以上の花が開花した状態を「満開」。
定めた標本木は、盛岡では岩手公園を対象。
平年値の統計期間は1981~2010年。

 

« 四月:最高気温の日ごとの値<盛岡> | トップページ | 団子よりソフトクリーム 4月の気温 »

盛岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411995/56002870

この記事へのトラックバック一覧です: あるこう会 初日は花見から:

« 四月:最高気温の日ごとの値<盛岡> | トップページ | 団子よりソフトクリーム 4月の気温 »