歳月不待人


  •     
                          

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | 上の橋からの眺め »

2014年2月13日 (木)

軍師 官兵衛の兜と盛岡 その2

Photo

盛岡の宝珠「黒田官兵衛の兜」を描いたストラップ

 もりおか歴史館の売店にて購入した。3個も買って、どうするんだいと言われそうだが、文字、絵柄がそれぞれにちがう。また敵に恐れられた黒田官兵衛の兜が描かれているから・・・と、まるで子供だね。官兵衛に関する品といえば、このストラップと同じ絵柄のバッチを置いているだけ。

 官兵衛の兜について同歴史館に問い合わせたことがあった。実に素っ気ない回答だったなあ。展示の予定はないということだった。NHK大河ドラマの人気を先読みした博物館は、如才がないというのか、如水のごとくであり、商才あり、力関係も強いというのか、レプリカのみならず同歴史館が展示しないといっていたほど大事な実物の兜さえも借り出しているのだ。

 まあ、私のような問い合わせがたくさんあったんだろうね。他の博物館への貸出期間の隙間のようだが、申し訳程度の期間だけ展示していた。今日はレプリカを鑑賞した。展示ケース内の照明は上手で、浮かび上がるように置かれていた。朱色が年を経て失われた状況を細やかに転写できていた。

 その実物の朱色というのは、後年、福岡藩三代目の光之が祖父を偲び、胴丸に合わせて作らせた複製の兜(NHKの画像、福岡市博物館所蔵)の色とは違うのだそうである。

 

   展示期間 : 平成26年 1月10日(金)~2月21日(金) は複製を展示

                         平成26年 2月22日(土)~ 23日(日) は原資料を展示

 

Photo_2

 

 

 

 

« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | 上の橋からの眺め »

盛岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411995/54979492

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師 官兵衛の兜と盛岡 その2:

« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | 上の橋からの眺め »