歳月不待人


  • <a href="http://www.clock4blog.eu">clock for blog</a>
    Free clock for your blog

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

« 「経験ない大雨」の翌日 | トップページ | カナヘビ <不動の滝 八幡平> »

2013年8月16日 (金)

不動の滝<八幡平>

2_3

 涼を求めて、滝の高さ15mという「 不動の滝 」へ向かった。国道282号線、鹿角に向かう街道を、しばらく車を走らせた。途中、北緯40度線を越えると、北の国に入ったのだという爽やかな気持ちになった

 やがて右手前方に桜松神社の大きな鳥居が見えてくる。その先には神社があり、奥に不動の滝がある。しかし、その鳥居をくぐったところで安心してはならない。さらなる入り口を示す小さな案内板を見落としてしまうと、遠い遠い 七時雨一里塚 まで行ってしまうのだ! ・・・過去に、そんなドジをしたのは、私だけだったのかもしれないけどね・・・  gawk

7_2

 桜松神社は縁結びの神様でもあるようだ。2本の木が寄り添って成長しているってことかなあ?どこにでもありそうだが・・・。.

4_3

  ところが、上を見上げると幹はくっついてて合体しているんだそうである。早く知っていれば見上げたものを・・・残念。

  不思議だ! 写真を1枚追加した。狛犬(こまいぬ)は、阿吽(あうん)の対で置かれるのが通常だからである。阿形(あぎょう)が宇宙の始まりで、吽形(うんぎょう)が終わりを意味する。ということだが・・・、2枚の写真をながめていると、どちらも口を開いている阿形だ。まず、を育むことから 始めよ との教えかなあ?おせっかいな狛犬達である。

6

不動堂 
ほかにも、いくつもの祠(ほこら)があった。
洞窟には、それぞれに神様が御住みになっておはすらしい。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

 

 

« 「経験ない大雨」の翌日 | トップページ | カナヘビ <不動の滝 八幡平> »

イーハトーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411995/52913541

この記事へのトラックバック一覧です: 不動の滝<八幡平>:

« 「経験ない大雨」の翌日 | トップページ | カナヘビ <不動の滝 八幡平> »