歳月不待人


  • <a href="http://www.clock4blog.eu">clock for blog</a>
    Free clock for your blog

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

« 盛岡:1月の最低気温・降雪量⇒日ごとの値 | トップページ | 洋菓子 “BOULE DE NEIGE” »

2013年2月 2日 (土)

地域と中学生の対話集会

20130202  対話集会の幕開けに、黒石野中の生徒達による合唱、フルート三重奏の演奏があった。「fight」「旅立ちの時」など曲目に感動しました。notes;;;:完璧でしたね。notes フルート三重奏は東北大会出場と紹介があった。

 今年の次第は、上田中学校生徒会が活動内容を発表し、黒石野中学校生徒会からの質疑応答を受け、そして地域住民も加わって対話を発展させた。

20130202_5  「地域活動に全員で取り組むleftright出席率100%を目指す」 地域活動を優先するということだが、実際はクラブの大会準備や住民、生徒の偏在などで容易ではない。地域奉仕推奨日を設定して町内会と連携する。地域活動だよりを発行し、地域から求められていることなど報じている。何が出来るか自分で考えることである。

 「トロリン村」が紹介された。高松第一町内会の事例である。10年の活動歴がある。中学生が世話人と共同して参画する。小学生を楽しませるというトロリンピック、大人と交流する花見、ごぼう・とろろいも掘り体験、野菜を作り販売する。運動会では、高校生、小学生が手伝う。感謝とつながりが生まれている。広報紙を発行。親達も地域に生まれてよかったなあということを教える。住民には中学生達が生き生きしていると映っている。出席率もいい。

 「中央病院へのクリスマス訪問」 24回!を数える。 “ 笑顔になってもらいたいのであれば、練習中から苦しくとも笑顔でいこう! ” ・・・ 一週間かけて ツリーの飾りつけ、劇、合唱などに取り組んでいる。

 地域活動は、資源回収、清掃活動、雪かき・氷割り作業、地域の祭・運動会、世代間交流会、バザーなど広範囲に亘っている。こんなに地域活動をしている中学生はいない、と称賛する声があった。対話集会は28回を迎えた。評価は継続の成果なのだろう。

 下記は、次第の「地域の方から」、に出てきた詩である。賢治は体験学習を行っていたことが分かる。

 からだに刻んで行く勉強が
あたらしい芽をぐんぐん噴いて
どこまで延びるかわからない
それがあたらしい時代の百姓全体の学問なんだ


宮澤賢治 「詩ノート」 から
抜粋                 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

  

« 盛岡:1月の最低気温・降雪量⇒日ごとの値 | トップページ | 洋菓子 “BOULE DE NEIGE” »

宮澤賢治」カテゴリの記事

町内会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411995/49131803

この記事へのトラックバック一覧です: 地域と中学生の対話集会:

« 盛岡:1月の最低気温・降雪量⇒日ごとの値 | トップページ | 洋菓子 “BOULE DE NEIGE” »