歳月不待人


  • <a href="http://www.clock4blog.eu">clock for blog</a>
    Free clock for your blog

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

« 旧新里村「湯ったり館」と「鳥取春陽」 | トップページ | 十月桜(ジュウガツザクラ) »

2012年10月 6日 (土)

逢いたさ見たさに 鳥取春陽の村へ

Dsc_06052

Dsc_0601   旧新里村茂市で宮古街道(106)から分かれて、岩泉に向う路線(340)に入ります。 「刈屋トンネル」 を抜けると、直ぐのところに歌碑があります。鳥取春陽の生誕地、旧新里村刈屋です。

  逢いたさ見たさに、旧刈屋村にやって来ました。歌碑の前に立つと自動的に歌が流れてきます。石川啄木、宮澤賢治、千昌夫、新沼健治を知っていても、鳥取春陽さんについては存じ上げて来ませんでしたね。

Dsc_06024
 鳥取春陽の曲で有名なったのは「籠(かご)の鳥」
。75歳以上の人たちはすぐに歌いはじめますが、その年代以下では、ああ聞いたことがあるような気がする、と言う。それで、その人の年齢がだいたい分かるのだそうです。町内のCさんから教わった興味深いお話です。

Dsc_06125
 掲示板に説明しているように、今の時代ことばで言うとシンガーソングライターっていうことになるんだろう。しかし演歌師・作曲家なんだろうなあ。古賀政男、藤山一郎以前の人ですから・・・、あまり言い換えをしない方がいいですね。
 

 * soon  旧新里村「湯ったり館」と「鳥取春陽」

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村 

« 旧新里村「湯ったり館」と「鳥取春陽」 | トップページ | 十月桜(ジュウガツザクラ) »

イーハトーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411995/47370551

この記事へのトラックバック一覧です: 逢いたさ見たさに 鳥取春陽の村へ:

« 旧新里村「湯ったり館」と「鳥取春陽」 | トップページ | 十月桜(ジュウガツザクラ) »