歳月不待人


  • <a href="http://www.clock4blog.eu">clock for blog</a>
    Free clock for your blog

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

« カタクリ(片栗)の花 | トップページ | 花より団子 »

2012年4月24日 (火)

シジュウカラの巣箱

Dsc_0006  シジュウカラ様のためにお作りしたお家です。2年目の今年も入居していただいております。私達も、心地よいさえずり声を聴くことが出来て、毎日が楽しゅうございます。

 入り口は窮屈になっております。それはスズメから攻撃されずに、子育てをしていただきたいからです。昨年は安心して子育てをすることができましたね。

 500円玉ピッタリのサイズでは、出入りは苦しかったのでしょう。今年も、コツコツと嘴でたたいていました。2年目ともなると、大分広がっていたようでした。
            

Cimg8437_4  事件が発生しました。懸念していたとおりです。スズメが巣箱に入ってしまいました。卵はいたずらされたのだろうか。それじゃあ、残忍なスズメを懲らしめなくてはいけない。巣箱に近づくと、スズメは急いで巣穴から出ようと必死。よくぞ入ったものだ。ジージーと悲鳴を上げもがき苦しみ、とうとう巣箱の中で死んだふり?巣箱をたたいても静か。

 懲らしめは十分だろうと離れると、まもなく脱出していきました。このスズメはもうやって来ないだろうと思うけど・・・どうだろう。一方、シジュウカラは遠巻きに、悲しげな鳴き声をあげて、巣箱の周りを窺っていましたが、しばらくして飛び去っていきました。

Cimg8438_3  巣箱を取り外してみました。中の状況は、まだ産卵前。苔を厚く敷いて、その上に暖かそうな真綿のようなものを載せて(*leftright産座)いました。産卵の準備は完了していたようでした。巣穴は、500円玉が楽々に通る大きさ、直径26.5~27mm程になっていました。

 さて、シジュウカラは戻ってくるのだろうか。再びスズメに襲われることになるのだろうか。もう両者の間に介入しませんよ。


* 参考;「窓辺に作るバードガーデン」柚子 修(ゆのき おさむ) 雄鶏社                     

 

 

 

« カタクリ(片栗)の花 | トップページ | 花より団子 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411995/45011504

この記事へのトラックバック一覧です: シジュウカラの巣箱:

« カタクリ(片栗)の花 | トップページ | 花より団子 »