歳月不待人


  •     
                          

Weblio辞書

旬の花時計




フォト

« 学年閉鎖、学級閉鎖 | トップページ | 滝沢村の“ 金星 ” »

2012年2月 2日 (木)

立春に卵が立つ

Pa0_0057_2  「立春には卵が立つ」、このことは、よく知られている。 意外と知られていないことに驚くのである。(*) 卵は容易に立つように思う。しかし経験からいって、立春でなくても卵は立つ。でも、立春に近くなければ、なかなか立たないようにも思う。実際のところはどうなんだろう。

 子どもの頃を思い出して、卵を立ててみた。立春はあさって。少々時間がかかったが、立った。2度目は片手で包むようにして、わりと容易に立てた。3度目はいとも簡単に立った。

 別の卵を立ててみようと試みたが、立たなかった。断念したのは、根気負けだけではなかった。細めで重心が高いことにあるように思えた。立春には立つのかもしれない。

 コロンブスは卵が立つことを知ったならば、びっくりするだろうなあ。 コロンブスの卵 にまつわる逸話は、いまだに教訓なのだろうか? などと子どもの頃と同じように、思いをめぐらせながら立卵に興じた。

 「立春」は、節分の翌日、2月4日。暦と俳句では春としているけど、まだまだ寒い日が続く。  「立春」 leftright  chick「立卵」の日としようか。 (・∀・)イイ!

 

  * 参考 ;  soon   「 立春の卵 」    

  (*) 後日訂正しました。 

 

 

« 学年閉鎖、学級閉鎖 | トップページ | 滝沢村の“ 金星 ” »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411995/43962997

この記事へのトラックバック一覧です: 立春に卵が立つ:

« 学年閉鎖、学級閉鎖 | トップページ | 滝沢村の“ 金星 ” »